好きな人にごめん避けする人の特徴、視線や態度から嫉妬心を見抜く

スポンサーリンク

ごめん避けという言葉があります。
これは相手が自分に対し好意を抱いているのを知りつつも、曖昧な態度でお茶を濁し、恋愛に発展させないというものです。
 これだけを耳にすると、単に優柔不断な人に聞こえますが、それは状況によって評価が代わってきます。
 職場恋愛を社則で禁止している企業は、今でも存在します。
そんな場所で交際を開始して、しかも同僚や上司にばれたら、何らかのペナルティを科されることになるのはもちろん、社会的な信用も失ってしまいます。
 そのため、好きな人に迫られても素直になることはできず、気付いてないふりをせねばならない、という状況が現出します。
 ただし、彼らは表向きは気持ちを封じているのですが、好きな人が自分以外の異性に近づいたりすると、当然嫉妬します。
そしてそのやり場のない気持ちは、視線に現れることが多いのです。
 言葉では誤魔化せても、視線まではどうにもなりません。
気がついたら好きな人を追いかけていたという人は少なくなく、観察力に優れた人が周りにいたら、その態度で気持ちを見抜かれてしまいます。

スポンサーリンク

 ごめん避けをしながら嫉妬する人は、それをメールでも表現することがあります。
好きな人から送られてきたものなのに、わざと無視したり返事を遅らせたりするのです。
 これらは相手の関心を引くための行為です。
何故無視されたりぞんざいに扱われたのか分からない相手は、その理由が気になり、つい追求してしまいます。
彼らはそれを承知の上でやっているのです。
 これは好きだという気持ちを自覚するまで、普通に接していた場合、より顕著になります。
急に冷たくされたら、それはごめん避けの可能性が高いと言えます。
 そういう意味では、いつも特定の相手から視線を注がれている、自分が異性と話をしているのを見かけたらよそよそしくなるという場合は、その人からごめん避けをされていると解釈して差し支えありません。
 このように、人間は嫉妬を態度に表すことが珍しくなく、自分の感情に振り回される傾向にあります。
 これは立場がそうさせている部分があるので、一概に悪いとは言えません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加