嫉妬 好き避け ごめん避け 職場

職場での好き避けやごめん避けに対する嫉妬について

スポンサーリンク

同じ職場で好きな相手ができることは珍しいことではありません。
同じ職場であれば仕事の大変さもわかっているため、何かと便利なことは多いです。
しかし必ずしも好きな相手がこちらも好きでいてくれるとは限りません。
人によっては相手がこちらに好意をもってくれていると感じた時に好き避けやごめん避けのために、接触を避ける人もいます。
好意をもっている人からすると悲しいことですが、職場でのトラブルを起こしたくないと思う人はこのような態度をとります。
好き避けやごめん避けをしている人に対して嫉妬心を持つ人もいます。
そのため相手に対して曖昧に逃げるだけでなく、はっきりと気持ちを伝えてあげることも大事です。
そのためには好意を持っている人と接近しなければなりませんが、その時にくれぐれも期待を持たせることのないように気を付ける必要があります。
ほとんどしゃべったことのない相手から急に声を掛けられると、こちらの気持ちに気づいてくれて良い方向にいくと思ってしまいます。

スポンサーリンク

好き避けやごめん避けは同じ職場でこれからもずっと働く場合には、効果的ではなく周りの人からの嫉妬心をあおったりと逆に立場が悪い方向にいくことがあります。
嫉妬から嫌がらせを受けることにもなるため、はっきりとさせてあげることも必要です。
好き避けをする相手に対しては何とか近づきたいと思うため、追いかける形になりますが、それを避けていると周りの人の中には嫉妬心持つ人もでてきます。
そのため遠まわしでもよいので態度ではなくはっきりと言葉で気持ちを伝えてあげることが必要です。
直接本人だけを呼び出して伝えることが難しいのであれば、周りの人何人かと飲みに行った時に伝えるなど方法を考えることも必要です。
その後も相手と同じ職場で働くことになるため、周りの反感をかわない断り方を考えておくことも必要です。
まずは相手に気持ちを尊重しこちらに好意を持ってくれたことに対して感謝の気持ちを伝えてから、断りの返事をすることが手順となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加