嫉妬 好き避け 女性 特徴 メール

好き避けをする女性の嫉妬やメールの特徴とは

スポンサーリンク

 好意を持っている相手に対して女性がする行動に「好き避け」があります。
これは好きな男性に自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい、自分に自信がない、恋愛経験が少ない女性によく見られる特徴です。
好きな女性から思い当たる理由がないのに何故か避けられたり素っ気ない態度を取られると嫌われているのかと思いがちです。
でも優しくなったり話しかけると嬉しそうな仕草をされたり、いったい好きなのか嫌いなのか悩んでしまうものです。
このもどかしい女性の「好き避け」を見抜くにはいくつかの方法があります。
まずはメールのやり取りについてです。
他愛もないメールがきたり可愛い絵文字が使用されていたり文末が質問系で終わっていたら好意がある証拠です。
メールの返信が遅いからといってがっかりするのはまだ早いです。
さらに確信に触れるとしたら、こちらからプライベートなことを聞いた時に、きちんと教えてくれたり逆に聞いてくるのも「好き避け」の特徴であって、返信が遅いのはじらし作戦のひとつなのです。

スポンサーリンク

会話中に目をじっと見て聞いていたり話してくれる、リアクションが大きい、自分の話にうなづく回数が他の人よりも多い、身体の向きや足先、足を組んだ時の膝がこちらを向いている、気がつくと隣に居るのはパーソナルスペースに入り仲良くなりたいという無意識の意思表示です。
自分の気持ちを悟られないように口元を手で覆う、瞳孔が大きくなる、目が合って見つめ返すと慌てて目を逸らされる、飲み物や食べ物を手にするタイミングが重なる、些細なボディタッチがあるのも好意をある相手にしか見せない特徴です。
他の女性と話していると視線を感じたり、冷たい態度を取られたり無視されるなどは嫉妬をしているからです。
嫉妬を表に見せたくないと頭では分かっているのに存在意識が隠さずにジェラシーの仕草を出してしまうことがあります。
そんな時は、さりげなく普段通りに優しく接したり、あの女性は恋愛対象ではないと遠まわしに伝えてみます。
すると嫉妬心が薄れて笑顔が戻ってくるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加