嫉妬 職場恋愛 嫌い避け

職場恋愛、嫉妬なのか好き避けなのか嫌い避けなのかの見分け方

スポンサーリンク

 社会人になると学生の頃に比べ、出会いの場所がぐっと狭くなり、職場恋愛も多くなります。
職場恋愛といっても、決して社内の相手を対象にしていることだけを指すわけではなく、クライアントだったり出入りの業者します。
何度か会話をするうちに、お互い意識し始めると仕事中にも関わらず、つい目が行ってしまったりします。
そんな時に自分以外の異性と楽しそうに話しているのを見ると、嫉妬してしまい、次に会話をするときにそっけない態度をとってしまったりします。
これが嫉妬からくる好き避けです。
好き避けの逆の言葉が嫌い避けなのですが、自分がする場合はわかりますが、相手にされると好き避けなのか嫌い避けなのか分かりません。
職場恋愛となると相手と接触する機会も自分で自由にできませんし、相手との関係が悪くなると、仕事をする上で周りに迷惑なる場合もあります。
嫉妬からくる好き避けなのか、ただの嫌い避けなのかどうやって見極めればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

まず好き避け行動の典型的なものは、自分以外の異性と楽しそうに会話をしていたり、女性から男性へのわかりやすい行動ですと肩を叩いたりする軽いスキンシップをしていたとします。
すると自分以外にもそんな顔を見せたり態度を取るのかという失望と、自分の方をもっと見てほしいという思いから、会話をするときに目線を合わせない、そっけない態度・冷たい対応をしてしまうなどというものです。
次に嫌い避けの典型的なものは、会話を手短に済まし目線が合わない、メールなどが事務的なものであるなど、見極めづらいものです。
それを見極めるには、自分から相手の懐に飛び込んで行きましょう。
その人の趣味や好きなことを探り、自分も興味があることを伝えます。
特定のスポーツが好きな場合、自分もその競技に興味があり、試合がある時は見に行ってみたいので二人で出かけられないか、といった形で誘いをかけてみましょう。
好き避けの場合は「しぶしぶOK」してくるでしょう。
嫌い避けの場合は「今度機会があれば」「みなさんも一緒に」など遠まわしで二人で出かけるのはちょっと、というニュアンスを伝えてくるはずで。
後者のような態度を取られたら、どんなにしたって自分にふりむいてくれることはありませんから、すんなりをその相手のことはあきらめましょう。
そうでないと仕事を続けていくのが大変になってしまいます。
好き避けと嫌い避けを見極め、大人の対応をこころがけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加