嫉妬 嫌い避け 視界

嫌い避けで視界に入るのも嫌と言われた時に嫉妬をしても逆効果です

スポンサーリンク

 嫌い避けをされている状況で、「視界に入るのも嫌」などを言われたら、早急に相手との関係を修復しないともっと悪い状態になってしまうので注意が必要です。
 まずは友人などに協力してもらって、相手と上手くコミュニケーションをとれるようにアドバイスをもらってみてください。
嫌い避けをされている状況で本人と直接コミュニケーションをとったり、嫉妬などをしてもかえってマイナスなイメージになるので注意が必要です。
まずは間接的なコミュニケーション、つまりメールやチャットなどのツールを使って相手との関係を修復してみてください。
これは必然的に相手からの許可がなければ意味がないので、友人などに協力してもらってメールやチャットなどで謝る機会をもらうのも必要になります。
自分がどうして嫌い避けや視界に入るのも嫌と言われているのかをちゃんと確認しなくてはいけないので、そこだけは相手から上手く聞きだすようにしてください。
それが分かれば少しでも関係を修復することは可能だと思います。

スポンサーリンク

 ただもし相手との関係がまったく修復できないと思ったら、自分から相手との距離を置くことも重要になってきます。
自分から積極的にアプローチを行っても、相手がまったく反応を返してこなければ意味がないのです。
もし相手との関係に行き詰まったり、修復が難しいと感じたら、自分から距離を置くのも大切なポイントになります。
ここで嫉妬などの行動をとってもマイナスなイメージになるだけなので気をつけてください。
あくまでも自分が誤解を解いて、友人としての関係を作ることが重要になってくるので、焦って距離を縮めようと思っても効果はあまりないと思います。
もし相手からメールやチャットの誘いがあった場合は、前よりも関係が修復しているのでそのままの状態をキープするようにしてください。
嫌い避けで視界に入るのも嫌と言われた状況から、メールやチャットなどで自然な関係まで修復するのはなかなか難しいことですが、根気よくコミュニケーションをとっていけば必ず活路はあると思います。
嫉妬などの行動に注意しながら、ゆっくりとコミュニケーションをとるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加