嫉妬 嫌い避け 無視

嫌い避けや無視された場合に嫉妬は逆効果になるので注意が必要

スポンサーリンク

嫌い避けで無視されていると、自分が好意を抱いていてもなかなかコミュニケーションがとれないのが現状だと思います。
そのようなときに嫉妬や積極的にアプローチをしてもかえって逆効果になります。
もし関係を修復したいと思ったら、友達や同僚に協力してもらって上手くコミュニケーションがとれるようにアドバイスをもらうのもいいと思います。
まずはメールやチャットなどの間接的なコミュニケーションがお勧めです。
嫌いというイメージを払拭するのはなかなか難しいですが、ゆっくりとコミュニケーションをとるようにしてください。
相手に無視されながらコミュニケーションをとるのはなかなか難しいですが、根気よく相手と接していけばきっと関係を修復することができます。
まずは自分が何故「嫌い避け」と「無視」をされているのかを相手から聞きだしてください。
ただ自分一人では関係を修復するのはなかなか難しいので、友達や同僚に協力してもらった方が心強いと思います。

スポンサーリンク

 ただここで注意することは、強引に自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを確認したりするとかえってマイナスなイメージになるので注意が必要です。
とくに相手が他の人と親しくしても嫉妬などはさけてください。
そこで自分の気持ちを強引に伝えてしまうと、かえって相手の気持ちを踏みにじる可能性があります。
まずは相手との関係を修復するために、あくまでも友人としてコミュニケーションをとるようにしてください。
相手が嫌い避けをしないようになってきたら、メールやチャットなどで日常的な会話や相手の話などを聞いてあげることも必要になってきます。
ここでは自分から積極的にアプローチするよりも、相手からのアクションを待つようにしてください。
自分が嫉妬などをするよりも相手に嫉妬させた方が関係は上手くいきます。
ゆっくりとコミュニケーションをとり、相手が自分にとってどのような人間なのかを考えさせるようにしてください。
そこまでいけば、きっとあなたの気持ちに相手も応えてくれるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加