嫉妬 嫌い避け 男性 特徴

嫉妬の心理 嫌い避けする男性の特徴

スポンサーリンク

本当は好きなのに、あえてその対象を避ける「好き避け」というものがありますが、それとは反対に、嫌いだから避けるという「嫌い避け」というものもあります。
 嫌いだから避けるのは当たり前と考える人もいるかもしれませんが、この「嫌い避け」というものは、それが行動に露骨に出るという点で、普通の嫌いとはかなり違いがあります。
 普通でしたら社会的な常識もありますから、いくら嫌いな相手であっても、露骨に避けたりはしないものですが、この「嫌い避け」はそういった常識の範囲を、かなり逸脱しているのです。
 もちろんそうした行動の理由は様々ですが、こうした感情的な行動は、一般的には女性がとる場合が多いとされています。
 しかしそれだけに、そうした行動を男性がとるという事は、よほどの事と言えるわけです。
 ですが確かにその原因に、誰もが納得できる理由がある場合もあるでしょうが、それと同時に考えられる事で、その男性の特徴があげられる場合もあるのです。

スポンサーリンク

 それはどういう事かと言いますと、その男性の性格等で、普通でしたらそんな「嫌い避け」なんてしないような事でも、そうした行動をとる場合があるという事です。
 えてしてそういう男性の特徴は、「神経質で根に持つタイプ」である場合が多いようです。
 特にそれで、嫉妬という感情が絡んでいる場合は、これが如実に現れるのです。
 この嫉妬は、何も恋愛関係だけではありません。
仕事で自分より評価が高い相手や出世した相手への嫉妬というものもあります。
 そしてそうした行動の特徴としましては、「非常に幼稚で、後先を一切考えない」という傾向があります。
 つまりそのような行動ととれば、後々どういった事になるのか、という事を全く考えていないので、その後の組織・人間関係といったものに、かなりの悪影響が出る場合が多いのです。
 確かに人間ですから、感情が理性を優越してしまう事は、誰にでもあり得ますが、そのコントロールを上手にできなければ、社会で生きる上では、かなりのマイナスを覚悟しなければならないでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加