嫉妬 嫌い避け 男性 態度

嫌い避けをしている男性に嫉妬されたら曖昧な態度だけは避けること

スポンサーリンク

 嫌い避けをしている男性に嫉妬されたときは、曖昧な態度だけは注意が必要です。
直接本人とコミュニケーションをとるのが難しいと感じたら、メールやチャットなどの間接的なコミュニケーションがお勧めです。
相手にいきなり嫌い避けなどの行動をとるとかえって逆効果になるので、相手の気持ちがちゃんと自分から離れているのかを確認してから使うようにしてください。
いきなり関係を断ち切るのはなかなか難しいので、メールやチャットなどをして徐々に関係をフェードアウトした方がいいと思います。
相手もいきなり関係を断たれるよりは、徐々に疎遠になった方が自然に見えるのでお勧めです。
直接本人とコミュニケーションをとるのが難しいと感じたら、ぜひこちらの方法を試してみてください。
とくに相手が好意を抱いている場合には効果的なので、嫌い避けをしている男性にもお勧めです。
やんわりとコミュニケーションを断つことが重要なので、嫉妬などをされたときも態度にだけは出さないようにしてください。

スポンサーリンク

 もしメールやチャットだけではあまり効果がないと感じたら、友人や同僚に協力してもらって相手の男性と距離を置くのも効果的です。
基本的に話せばわかってくれる方が多いので、相手を怒らせるようなやり方だけは注意が必要です。
まずは相手の気持ちをちゃんと理解してあげて、それから距離を置くようなコミュニケーションを方法を選択してみてください。
積極的なアプローチや嫉妬などをされたときも、あくまでも友人としての態度を貫くことが必要になります。
自分の気持ちを相手に伝えて、ゆっくりとフェードアウトするような関係を目指してください。
こちらの方法をチェックしておけば、相手の気持ちを逆なでするようなことは一切ないので、穏便に距離を置きたい方にもお勧めできると思います。
流れとしてはメールやチャットなどを使いながら友人と協力して、やんわりと自分にその気がないことを伝えてみてください。
そうすれば相手との関係がスムーズに断ち切ることが可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加