嫉妬 女性 嫌い避け 特徴 態度

職場で嫌い避けをする女性の特徴や態度、嫉妬心はない

スポンサーリンク

 職場で嫌い避けをするという人は珍しくありません。
これは苦手な相手だから態度が横柄になるというのではなく、相手に誤ったサインを与え、関係をこじれさせないようにするためです。
 これは毎日顔を合わせる相手だからこその対応だと言えます。
そしてそれが女性だとなおさら顕著になります。
 彼女たちに共通している部分と言えば、嫌いな相手から話しかけられても、仕事の手を止めようとしないことです。
 これは暗に仕事が忙しいとほのめかしており、早めに話を打ち切りたいというサインでもあります。
いつも特定の女性から冷たくされるという場合は、好き避けから来る嫉妬心でそうされているのではなく、嫌い避けをされている可能性が高いと言えます。
 彼女たちの特徴としては、他に話をしているときに、目を合わせてくれても、腕組みをしていることがあげられます。
 これは無意識のうちに自分の身を守ろうとするためです。
嫌悪感を抱いている相手と対するとき、何となく身構えてしまう人が多いので、これは分かりやすいものとなっています。

スポンサーリンク

 女性の嫉妬心を計るものとしては、その人以外の女性と話をした後、態度が変化するかどうかを確認する、というものがあります。
 これは恋愛対象として捉えていない相手が、他の誰と話をしても気にしないという人が多いので、分かりやすいものとなります。
 嫉妬心を覚えている人の特徴は、口調や態度がきつめになることです。
どこで何をしていたという具合に問い詰められることが多いのなら、その人から好き避けをされている可能性が高いと言えます。
 しかし嫌い避けだと、自分以外の誰かに興味を持つようにと、それとなく促してくることが多いため、話をしていながらも遠ざけられるのがその特徴となっています。
 また、嫌い避けをする女性は、嫌いな男性の近くに行こうとはしません。
飲み会や社員旅行などで席が近くになると、適当な理由をつけて遠ざかろうとします。
 好き避けならこのとき近づこうとするので、これは明確な差異となります。
 このように、要所要所を見ていれば、好き避けと嫌い避けを見分けられるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加