嫉妬 好き避け ライン(line) 未読 無視

ライン(line)の未読・無視から見る嫉妬・好き避けの心理

スポンサーリンク

 今の時代はメールを超える意思疎通の手段と言ってもいい、ライン(line)というものが使われています。
 これはメールと違いまして、様々な特徴がありますが、そのひとつに、その文章が未読か既読かを知る事ができるというものがあります。
 つまり相手がそれを読んでいるかどうかがわかるというわけですが、こうした特長がいわゆる「好き避け」というものにも使えるわけです。
 メールでは単に返事がないだけでは、まだ読んでいないだけかもしれないという解釈も可能ですが、これがライン(line)ともなりますと、未読か既読かがわかるために、それが未読の状態で放置されていれば、完全に無視している可能性があるわけです。
 このようにライン(line)では、その特徴を使って、実際の行動と同じように、自分の感情を表現したり、逆に相手の感情を知ったりする事ができる場合があるのです。
 つまりそれを使えば、心理的な駆け引きもうまくこなせるとも言えるわけです。

スポンサーリンク

 いわゆる「好き避け」の心理というものは、その大半が「嫉妬」と言えます。
 例えば自分に構ってくれないとか、他の人間とばっかり仲良くするとか、そういった「嫉妬」心が、「好き避け」という行動を起こさせる場合が多いのですが、これがライン(line)でもできるとなれば、それはうまく使えば、相手との心理戦を制する事は可能でしょう。
 未読と既読の使い分けをうまくすれば、単に無視しているものとは違った意思を、相手に無言の内に伝える事ができます。
 しかしこれも、ただ単に無視していれば、期待の効果があるわけではありません。
 相手にもよりますが、単純に無視していると、相手がこちらにたいして興味がない場合には、そのまま関係が疎遠になってしまう危険性もあるからです。
 「好き避け」の主な要因は「嫉妬」心ですが、この「嫉妬」心というものは、なかなか器用にコントロールできないものですので、あまりこうしたテクニックを使い過ぎると、逆効果になる危険性も、十分に把握した上で使うべきでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加