嫉妬 女性 嫌い避け 特徴 態度

女性が嫌い避けするときの特徴や態度、嫉妬ではない

スポンサーリンク

嫌い避けとは読んで字の如く嫌いな相手を避けることを意味します。
そんなものは当然だと考える人は少なくないのですが、それを好きだから避けているのではないか、と考える人もまた少なくないのです。
 何故このような誤解が生じるのかと言えば、恋愛に対し照れがあり、シャイな態度を取ってしまう女性が世の中にはたくさんいるからです。
 これは社会人になるまで異性と殆ど触れたことがないという女性にこそ顕著になります。
彼女たちは恋愛というもののやり方をよく理解していないので、気になる相手が自分以外の異性と接していても、嫉妬の眼差しを向けるだけに留める傾向にあります。
 そのため、彼女たちが特定の異性にだけ冷たい態度を示しても、それが好意によりやっているかどうか分からず、最後まで周りには彼らの気持ちが理解できなかったというのは、珍しい話ではないのです。
 それは一般的に好き避けと言われる行動で、嫌い避けの反対に当たります。
両者の見極めは観察力がある人でないと難しいとされています。

スポンサーリンク

 では、嫌い避けをする女性の特徴とは何かと言いますと、それは目や表情に表れます。
これは嫌いな相手だと、あからさまに眉をしかめたり、即座に目をそらすといった態度になって表現されます。
 好き避けをしてしまう女性であれば、気になる相手が何をしているのか気になり、つい目で追ってしまい、嫉妬心が冷たい態度になって現れることが多いのですが、嫌い避けだと相手から逃れるために最低限の観察に留めるという風になるため、彼らが相手と視線を交わすことはあまりありません。
 こういう態度はメールにも現れます。
嫌いな相手から送られてきたものだと、無視するか素っ気ない返事を出すだけ、というのが特徴になるからです。
 好きな相手に気持ちを正直に伝えられない女性は、嫉妬心をメールで表現するため、長文になることが多いのですが、嫌いな相手だとそもそも関わりたくないため、最低限の返事を出すだけになってしまうのです。
 このように、好き避けと嫌い避けにはそれぞれ特徴があります。
職場の人間関係が気になる人は、観察力を養ってチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加