嫉妬 好き避け ライン(line) 未読 無視

「好き避け」の嫉妬の特徴とライン(line)の未読無視について

スポンサーリンク

【嫉妬と好き避け】愛しあう男女に必ずと言ってよいほど発生するのが「嫉妬」です。
好きだからこそ相手の言動や行動が気になってしまうものです。
今回は嫉妬の行動について説明していきたいと思います。
まず、わかりやすい行動としては露光に「態度にあらわす」です。
言動で直接相手に伝えたり不快感をあらわにしたりストレートに気持ちを伝える事が出来る反面、相手の出方によってはリスクがあるかもしれません。
可愛いと思われるか、より愛しくなってしまうか、あるいは嫌煙になってしまうか、それは態度や仕草によります。
また好きなのに避けてしまう、いわゆる「好き避け」も似ています。
好き避けというのは「照れ」の裏返しです。
しかし相手にそれが伝わっていなければ意味がありません。
どんな人物なのかある程度お互いを知っている関係であれば相手の気持ちを読むことも出来るかと思いますが、そうでない場合は慎重に行動しなければカップルになる前などは失敗する確率もあります。

スポンサーリンク

【ライン(line)からみる好き避け】今や当たり前のコミュニケーションツールとなったライン(line)ですが、ライン(line)は人間の心理がわかりやすいと言われています。
例えば「未読」です。
熱いメッセージや愛の言葉を送ったとしても相手が「開封」しなければ意味がありません。
興味のない相手であれば人によっては未読のまま無視をするかもしれません。
また逆に未読にしているのは「気になっているからこそ開けない」という好き避けのパターンもあります。
どちらなのかを判断するには送りっぱなしのメールでは解決出来ない為、引き続きライン(line)で様子をみるか、電話や直接話してみて気持ちを確かめるのが良いでしょう。
好き避けのパターンの場合、「あえて無視」する事で気持ちを伝えたいと考えている人もまれにいます。
日本人は海外よりもこういった細かい空気に気付きやすい人が多い為、恋愛においても無視やそっけない態度を駆使した「駆け引き」を楽しむ人が多いのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加