嫉妬 好き避け 無視する

好き避けや嫉妬、無視するといった行動の使い方とは

スポンサーリンク

 好き避けをしている方で嫉妬や無視するといった行動をとってもかえってマイナスなイメージになるので注意してください。
まずは相手の気持ちをちゃんと理解することが重要になるので、ただやみくもに好き避けや嫉妬、無視などをしてもあまり効果がないので意味がありません。
もし本当に相手の気持ちを理解したいと思ったら、メールやチャットなどの間接的なコミュニケーションから関係を築いていってください。
慣れていない段階は、直接本人とコミュニケーションをとるよりもメールやチャットなどの方が自然な会話をすることができるのでお勧めです。
もし好き避けや無視するといった行動をとるときは、相手と上手にコミュニケーションをとれなくては意味がありません。
まずは相手との信頼関係が大事になるので、間接的なコミュニケーションで距離を縮めるようにしてください。
そうすれば直接本人とコミュニケーションをとるときも自然な会話を楽しむことができると思います。

スポンサーリンク

 メールやチャットなどの間接的なコミュニケーションに慣れてきたら、直接本人とコミュニケーションをとるために電話などのツールを使ってもいいと思います。
いきなり二人だけでスムーズに会話をするのはなかなか難しいですが、電話などのツールを使えば自然なコミュニケーションをとるための練習にもなります。
メールやチャットを併用しながら、時間が空いたら電話を使って積極的にアプローチをしてみてください。
ただ相手の気持ちを知らないで一方的にアクションを起こしても逆効果になるので注意が必要です。
あくまでも相手のことを第一に考え、ゆっくりとコミュニケーションをとるようにしてください。
二人だけでスムーズな会話をすることができるようになったら、嫉妬などの恋愛テクニックを使っても喜ばれると思います。
相手に自分の気持ちを伝えることもとても重要になるので、出せる場面はしっかりとアプローチするようにしてください。
ここまでくれば、好き避けや無視するといった行動をしなくても問題ないと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加