嫉妬 既婚男性 好き避け 下心

既婚男性が嫉妬や好き避けをしてくる時の下心の有無

スポンサーリンク

 既婚男性から嫉妬をされたり、好き避けの特徴的な態度をとられた場合は、こちらに下心を持っていると捉えるのが一般的になってきます。
相手が既婚男性であると、普段からただの友人や仕事仲間の一人として仲良くしている間柄でも距離感などに気を使えることが理想的になってきます。
相手に勘違いされていることをしていないかと振り返ってみるのも大事ですが、他の男性と話している時に嫉妬深い態度や好き避けと考えられる行動、言動が見られた際は冷静に対処してみるのがふさわしいです。
嫉妬や好き避けかもしれないと感じる態度も時間が経過していくうちに少しずつ減っていく可能性もありますが、こちらは普通の接し方をすることを心がけてみるのが好ましいです。
その既婚男性から食事などを個人的に誘われた時には、下心が隠されているケースも少なくないですが、仕事といったビジネス上で付き合いのある相手には上手に交わしてみるのがもっともでもあります。

スポンサーリンク

同じ職場の既婚男性だったりすると、仕事以外での交流を避けてみるのもありです。
頻繁に仕事に関係の無い私用のメールや電話などで連絡を取ってきたりと交流を望んでいる場合だと、すぐに返さずに返信の時間を遅くしたりとあまり相手にしすぎないことも大切になってきます。
こちらのことを異性と意識している様子であったりと下心があることが確信できるなら、警戒したりとしばらくは二人きりで会うのをやめてみるのもいい対応になってくれます。
また、嘘でも恋人が好きな人がいることを告げてみるのも恋愛対象に見ていないと察してくれたりと相手との信頼関係を取り戻しやすくなります。
その既婚男性と親しくしている第三者に相手のプライベートな状況について聞いてみたりと情報収集を徹底してみるのも参考になります。
本当は変な下心を持っていないことも有り得るため、相手にとって色々と共通の話題や悩みを話せる良き理解者になってみるのも選択肢の一つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加