嫉妬 好きな人 無視 心理 好き避け

嫉妬から好きな人を無視する心理、好き避け

スポンサーリンク

好き避けと言えば、好きな相手だからこそ普通に接することができない状態を指します。
女性がそれをやると、好きな人だからこそ無視したり、素っ気ない態度を取るということになります。
 ただし、無視しているからと言って、相手の言動をチェックしていない、という訳でもないのです。
彼女たちはむしろ人一倍嫉妬深いため、好きな人が自分以外の異性と仲良くしていないかどうか気になって、その動向を逐一確認してしまいます。
 このときの女性の心理を計る目安となるのは、目線です。
好き避けではなく嫌い避けならば、避けている相手のことを目で追いかけるはずがありません。
 人間は基本的に、嫌いだと感じている相手の言動を常に見張ろうとは考えないものなのです。
 そのため、普段冷たく接しているはずの相手に、明らかに嫉妬心のこもった視線を注いでいる女性を見かけたら、その男性のことが実は好きなのだと考えて差し支えありません。
 職場での人間関係を把握するのに使えます。

スポンサーリンク

 好きな人をわざと無視するという態度を取る女性の気分は、メールにも現れることがあります。
単なる男友達が送ってきたものならば、普通に返信できるのに、好きな人のそれだとまともに返事が書けなくなるのです。
 これは好きだという気持ちを、相手に悟られたくないという心理が働く結果です。
プライドが高い女性ほど好き避けをする傾向にあり、それがいっそう顕著になるのです。
 彼女たちはそれでもとばかりにメールを送っても、そこに嫉妬心を込めてしまう場合があります。
日頃気になる相手の言動をチェックしてしまうため、あら探しのような感じのそれを送ってしまうのです。
 そして送った後に自分の振る舞いを振り返り、後悔するというのが珍しくありません。
 このように、好き避けをする女性の多くは、自分の感情に振り回される傾向にあります。
これは素直に慣れない女性心理を反映するためで、彼女たちが一概に悪いとは言い切れません。
 男性がそれに気付いたら、リードしてあげた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加