嫉妬 line 好きな人 無視 好き避け

好きな人のlineの既読無視や嫉妬からくる好き避けとは

スポンサーリンク
 近年ではスマートフォンも普及してきて、連絡手段もとても簡単になりました。 チャット以外にも電話も出来るのがlineですが、よく、既読無視なんて言葉も聞きますよね。 好きな人とlineをしている時に既読無視をされると、「他にも好きな人がいるのかな」「何で無視するんだろう」と悲しくなったり嫉妬したりするのではないでしょうか。 嫉妬心が強くなると、好き避けをするようになる人もいます。 好き避けとは、文字の通り「好きなんだけど、避けてしまう」行動です。 もし好意のある男性が他の女性と仲良くしていたとしたら、嫉妬しませんか。 その嫉妬心からlineの既読無視や、直接会っても無視をしたりすると言った行動につながります。 きっと男女問わず、何となくこの好き避けをする気持ちが理解できるのではないでしょうか。 相手に自分の、この気持ちを気付いてほしいといった思いもあるでしょう。 でも、ちょっと待った。 その行動は相手にどのような影響があるのでしょうか。 スポンサーリンク
まず、どんな相手に対して好き避けしているのかでも変わってきます。 学校の同級生や、職場の人、友達など様々ですよね。 せっかく目があったのに逸らしてしまったり、話しかけられても無視をしてしまったり、好きな人と関わるチャンスはいくらでもあるのに、嫉妬から好き避けしてしまうなんて勿体無いです。 せめて、lineだけでも返信してみてはどうでしょうか。 全てを避け続けていると、そのうち好きな人も「自分のことが気になっているのかな」と思う反面、「やっぱり好きじゃないんだ。 脈なしだ。 」と思うようになり、気持ちが離れていってしまう可能性があります。 また、職場の人であるなら仕事にも影響がでてきてしまうのではないでしょうか。 コミュニケーションで大切なのは、目を見て話したり、相槌を打ちながら話を聞いたりなど、直接会って話すことでより良いコミュニケーションがとれます。 lineはとても便利なものです。 もし言い難いことがあるなら、やんわりとした言葉でlineを使って伝えていくのもいいですね。 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加