嫉妬 シャイな女性心理 好意 好き避け

好意から嫉妬してしまうシャイな女性心理と好き避け

スポンサーリンク

 好き避けとは好きな相手だからこそ避けてしまうという状態を指します。
近年女性がそれをする傾向は強くなっており、これもシャイな女性心理の表れだと言えます。
 彼女たちは好意を抱いている男性に素直な気持ちで接することができないため、目線を合わせることも難しくなります。
そのため、気がついたら相手のことを見つめているのに、相手の方から視線を投げかけられると、つい反射的にそらしてしまうというのが珍しくありません。
 そういう反応をされると、男性側は自分が嫌われているのではないかと考えがちになるため、相手のことを避けようとします。
 しかし、好き避けをしている女性からすれば、相手から無視されるのはつらいので、やはり目で追ってしまうのです。
 そしてその過程で、意中の相手が別の女性と一緒にいるのを見ると、激しく嫉妬心を燃やしてしまいます。
 これは何も言わない方に責任があるようにも見えますが、好意から嫉妬している側からすれば、そんなに矛盾はないのです。

スポンサーリンク

 シャイな女性心理を表すものとしては、他に相手からメールが送られてきても、即座に返信ができない、というのがあげられます。
 これは好き避けをしているためです。
即座に返事を出せば、相手に気持ちを見抜かれてしまうのではないか、という警戒心がそれをさせてしまうのです。
 こうした反応は、その女性が恋愛に対し不慣れだというときに起こりがちとなります。
これは失敗したくないという、シャイな女性心理の表現でもあるのですが、必要以上に臆病になると、どんな物事も前に進めなくなります。
 好き避けをしてしまう女性の中にも、その種の自覚がある人は少なからずおり、慣れと共に好意を相手に打ち明けることがあるのですが、社会人になるまで異性と殆ど触れたことがないという人だと、それも難しくなります。
 そういう女性が嫉妬心とうまく付き合うには、相手のことを意識しすぎないことが大切となります。
恋愛以外にも夢中になれるものを見つけることが、双方のためになるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加