嫉妬 シャイな女性を口説く 恋愛 好き避け

嫉妬と好き避けの関係、恋愛でシャイな女性を口説く

スポンサーリンク

 嫉妬と好き避けの関係について書きます。
若い頃の恋愛においては一度は必ず嫉妬を経験すると思います。
これは良くない症状でも恋愛下手という訳でもなく、いたって普通のことだと理解することが大切です。
嫉妬に対する最も良くない対処はあからさまに好きな人に嫉妬心と嫌悪感を示してしまうことです。
大抵、好きな人の方は何も悪いことをしておらず、普通に異性と接していることが多いのですが、ただ性格が優しかったり社交的であるというケースが多いです。
好きな人は何も悪くないことが解っているにも関わらず、嫉妬する自分がとても嫌になり、好き避けをしてしまうことが多いようです。
冷静に考えれば分かると思いますが、好き避けをするメリットは一つもありません。
また過度に束縛することも嫌われてしまう可能性が高いので気をつけましょう。
最も良い対処法は自分に自信を持って嫉妬心を隠すことです。
軽く伝えるくらいならむしろ好きな気持ちを伝えることになるので良いですが、基本的には相手を信じて自分の感情をコントロールすることです。

スポンサーリンク

恋愛においてシャイな女性を口説く方法について書きます。
意外と思えるかもしれませんが、シャイな女性を口説くのは簡単なケースが多いです。
なぜならシャイな女性は自分から声を掛けることが苦手なので、どうしても男性と話す機会が少なくなるからです。
慣れていないところに積極的に話し掛けられたり、好意をストレートに表現されると戸惑い半分、嬉しさ半分という状態になります。
気を付けたいのは、デート等に誘っても反応がいまいちな場合、自分には気がないと思い込んで諦めてしまうことです。
相手がシャイと分かったらとにかくポジティブな思考を心掛けましょう。
本当は嬉しいのに恥ずかしいんだな等と考えればますます相手が可愛く見えて好きになることでしょう。
徐々に心を開いてきたと感じたらシャイな女性を口説く必殺技、焦らし作戦を使いましょう。
自分から電話したり誘うのをやめてみます。
シャイな女性は不安になりますが、そこで初めて自分の気持ちに気づきます。
ある程度の期間を空けた後にストレートに好きだと伝えたら完璧です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加