嫉妬 好き避け あるある

嫉妬や好き避けの状況のあるあるやその場合の切り抜け方法について

スポンサーリンク

 嫉妬や好き避けでは、よくされる共通のことがあります。
こういった、嫉妬や好き避けのあるあるや切り抜け方法を知ることは、メリットになります。
1つは、意中の女性や彼女が自分にちゃんと気があるかを知ることができます。
また、2人の関係をよりよくさせてくれる効果もあるからです。
まず、あるあるな状況として、自分に対する女性の態度が急に冷たくなった時です。
こういった場合は、自分の近況をよく思い出すと良いでしょう。
その時に、他の女性と仲良くしている話や、遊びに行った話を女性にしていた可能性があるかもしれません。
また、自分が気づいていない時に、他の女性と話す光景を見られている場合もあります。
そういった時に、女性の中には、嫉妬や好き避けをしてしまう人もいます。
それは、好きだからこそしてしまうことです。
そのため、女性を責めることはしてはいけません。
必ず、その女性のことが1番であると、伝えるようにしましょう。
意中の女性でも彼女でも、2人の中が深まる大事なタイミングとなるでしょう。

スポンサーリンク

次のあるあるな状況としては、急によそよそしくなってしまうことです。
それまで、仲良く話していた接していたのに、その女性が急に遠慮をし始めることがあります。
これは、女性にとって何か気になることがあるサインの1つです。
このような場合は、まずは、自分自身に何か心当たりがないか考えてみましょう。
ここで、心当たりがあれば、すぐに対処をします。
そうしなければ、余計に嫉妬や好き避けをされてしまい、関係を悪化させてしまいかねません。
もしも、自分に心当たりがないときには、女性に聞いてみます。
ここで大事なポイントは、問いかけるように聞くことです。
高圧的な態度をとっては、女性を萎縮させ、本音が言えない状況になってしまいます。
男としての懐の深さを見せると思って、優しく聞いてみます。
また、どんな理由だとしても、不安にさせたことを謝罪する一言が大事です。
好き避けや嫉妬をしてしまう女性は、少しプライドが高い一面があります。
そのため、その謝罪の一言があると、女性側も謝罪の言葉を出しやすくなるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加